ニキビから開放されて気づいたニキビ化粧品の問題点

現代化粧品に潜む危険(その一)

これって私だけじゃないと思うんですが、

ニキビ用化粧品で肌がカサカサしてきたことありませんか?

ニキビ用の化粧品なんかを使っていると、初めのうちは調子よくニキビが治まっていくんですが、ある程度を過ぎた頃からどんどん肌が乾燥してくるんです。

極意その一、徹底的に洗顔する。

※クレンジング付け置き法の薦め

この洗顔法を教えて頂いたのは、もう10年以上前のことになります。

教えてくださった方も、大人のニキビなど吹き出物に悩まれていたことがあったそうです。

 

ニキビ肌の方の場合、毛穴が詰まり気味の人が多いので、通りを良くする為にクレンジングを上手く使う必要があるとのこと。

 

しかし普通に使うだけではダメ。
ここで一つ工夫して欲しいことがあると言います。

クレンジングを肌全体に延ばしたら

少し時間を置いて欲しいのです

時間を置く?たったこれだけ?

クレンジングを付けてから2〜3分置いて拭き取り、それを2〜3回繰り返してほしいというのです。

時間を置かないと、奥に入り込んだ汚れが溶け出さず、残りやすくなるとのこと

ちょっと面倒だとも思いましたが、取り合えず言われるがまま試してみることに。

クレンジング付け置き法の実力にビックリ!

 

私の場合、ファンデーションは使っていませんからクレンジングを拭き取ったときに汚れがそのままダイレクトに付いてきます。

それが本当に汚い、真っ黒だったんです。

2回、3回と繰り返しても薄っすら汚れが残っている。

そして2週間ぐらい経ったあたりでしょうか、

いつものように顔を洗っていると肌を触った感じがいつもと違んです。

 

正直、驚きました。

今まで何を使っても良くなる気配すらなかったニキビ肌に、汚れを取っただけなのにツルツルの部分が出てきたのです。

メイクするしないに関わらずクレンジングはした方がいい

 

クレンジングはメイクを落とすものなので、メイクしない時は使わないという方も、多いのではないでしょうか?

 

ニキビで悩んだ時は、何よりも

毛穴の汚れを取り除くことが、最優先だった。

 

まずはそれからでした。

恥ずかしい話ですが、私はそんな当たり前の事に十年以上気づかなかったんです。

 

そりゃそうです

有名な美容専門家やお医者さんですら、そこまで徹底して洗顔するよう話しているのを一度も聞いたことがありません。

 

その頃の私はそういった話を真に受けていました。

世の中、ウソばっかり!!

 

"汚れを残したままニキビをどうにかしようなんて無理な話"

 

毛穴の汚れを取り除き、出来にくい環境を作ることが、ニキビ肌にとって一番大切だったのです。

 

たかがクレンジング、されどクレンジングですね。(^▽^;)

 

しかし、汚れを取ることだけでは、完全にニキビを無くす事は出来ません。

忌々しいニキビを無くすには、もう一つ必要な事があるといいます。

 

>>汚れを取ったら、次は保湿。

 


« 私もメタボで悩んでいたことがあります | 油がタブーは間違いだった! »